ホーム > 日本漢方医学研究所について > 理事長ご挨拶

理事長ご挨拶

一般財団法人漢方医学研究所 理事長 足立 秀樹

 理事長の足立秀樹です。理事長をお引き受けして、あらためて責任の重さを感じています。
本財団は、昭和47年に発足し、「日本漢方の伝統を保持する」こと、その「普及・発展をはかる」ことを目的として活動を続けてきました。現在、事業の中心となっているのは教育講座(基礎および臨床講座)と雑誌「漢方のめぐみ」の発行です。これらの事業を充実し、さらに多くの方のお役に立てるようにすること、これを当面の目標として活動してまいります。また、日本漢方の精神(飾り気のないヒューマニズムとも申せましょう)をもって、「伝統の保持」と同時に、患者さん・医療者のために「漢方と現代医学のベストミックス」の提案もめざしてまいります。

  • 足立 秀樹【略歴】
  • 一般社団法人 日本東洋医学会 指導医・専門医、同代議員
  • 一般社団法人 日本内科学会 認定医
  • 1975年 慈恵会医科大学卒業
  • 研修の後、東京慈恵会医科大学第三病院内科医員
  • 1986年 医学博士(内科学)
  • 1988年 国立西埼玉中央病院消化器科長
  • 1991年(財)日本漢方医学研究所附属渋谷診療所勤務
  • 2003年(財)日本漢方医学研究所『漢方のめぐみ』(旧名『活』)編集長 <現在に至る>
  • 2004年(社)日本東洋医学会評議員・同参事(病名マスタ小委員会・委員長)
  • 2007年(財)日本漢方医学研究所理事
  • 2008年(社)日本東洋医学会代議員<現在に至る>
  • 2008年~2010年(社)日本東洋医学会理事(用語及び病名分類委員会・委員長)
  • 2009年 あだち医院院長<現在に至る>
  • 2011年 東京慈恵会医科大学講師(総合診療科漢方担当)
  • 2015年 一般財団法人日本漢方医学研究所理事長<現在に至る>
  • 2016年 慈恵会医科大学客員診療医長
ページの先頭に戻る

ホーム日本漢方医学研究所について活動案内漢方についてリンク季刊誌「漢方のめぐみ」