ホーム > 日本漢方医学研究所について

日本漢方医学研究所について

日本漢方医学研究所は、昭和34年06月に発足した漢方友の会を母体として、昭和47年03月に設立された一般財団法人です。

最近の事業活動

■講習会の開催

漢方医学の臨床指導を中心に講習会を開催し、医師、薬剤師に対する漢方医学の普及に努めております。主に傷寒論などの古典を学ぶ基礎講座と西洋医学とのタイアップの道を考える臨床講座の2つを展開しています。

■市民講座の開催

西洋医学の最新情報と、そのフィールドにおける漢方医学とのタイアップの現状と話題を提供しています。平成23年01月23日には、「これからの優しいC型肝炎治療講座」と題してインターフェロン診治療と漢方の併用についての話題をとりあげました。

事業理念

漢方医学が正しく理解され、国民の健康維持に貢献すること。

1.漢方医学の古典的文献を研究し、内外医学界へ紹介し交流をはかること。2.漢方医学の研究に必要な資料の収集、整理すること。3.和漢薬の選品及び研究を行うこと。4.和漢薬の選品及び研究を行うこと。5.漢方医学講座を開設し、漢方医学を臨床医学的に応用できる医師の養成を行うこと。6.学生も対象の漢方セミナーを開催すること。

コーポレートアイデンティティについて

漢方の生薬として使われる草花の美しさを華麗に表現し、身体にとって安全で優しく、健康と美しさを司る象徴となるような想いを込めました。 メインカラーは金色を使用し、サブカラーは、木花咲耶姫(このはのさくやひめ)をイメージする桜の花のような可憐で優しいピンク色を使用します。 花弁と人の形の両方を象徴するロゴには、「美しさ」「繁栄」「健康的で元気な姿」の意味があり、日本漢方医学研究所のシンボルとします。

ご寄付のお願いについて

当財団の存在の意義は、前述のとおりです。しかしながら事業活動が多岐にわたっており、事業を遂行するためには多くの資金を必要としております。
本来、法人の運営は法人資産で賄うものでありますが、何卒当法人の趣旨にご理解を賜りますとともに漢方医学のなお一層の発展のために皆様からのご支援ご協力をいただければ幸いに存じます。

詳細は日本漢方研究所事務局までご連絡をお願いいたします。
MAIL ai7t-yhr@asahi-net.or.jp
寄付申請書(寄付申込書)PDFファイルリンク(44KB)

ページの先頭に戻る

ホーム日本漢方医学研究所について活動案内漢方についてリンク季刊誌「漢方のめぐみ」